葬儀は亡くなった人のために~天国からのメッセージ~

感謝をあらわす場としての葬儀

葬儀の歴史

日本には古くから葬儀が行われいます。昔は仏式の葬儀が中心に行われいました。ですが、最近では簡略化した葬儀が多く行われいます。奈良の葬儀場でもそのようなプランはあります。

続きを読む

値段の相場

葬儀には様々な種類がありますが、その種類により葬儀の値段は変わってきます。また、麻生区の葬儀では様々な種類の葬儀に対応しています。葬儀には以外にもお金がかかってしまうので、事前に調べることが大切です。

続きを読む

自然に還る葬儀

葬儀には様々な種類がありますが、その中でも樹木葬は注目を集めています。大阪ではこの樹木葬を取り入れている場所があるため、樹木葬に興味がある方は調べてみるとよいでしょう。

続きを読む

故人の意向

葬式を八尾で予定しているなら、適切な業者を選択しておくのがオススメです。人気のある業者に対応を任せることで、丁寧な供養が出来ます。

宮前区の葬儀なら安心して任せられる信頼できる業者に依頼しましょう。生花や料理などの準備もしっかりサポート。

これからは規模の小さい葬儀が増えると考えられています

一昔前までは、多額の費用をかけて豪勢な葬儀を営むことを、親孝行の証しだと考える風潮がありました。あまり経済的な余裕がなかったとしても、費用をかけない小規模な葬儀を行おうとすると、親戚一同から非難されるハメになるのが普通でした。そのため、わざわざ借金をして立派な葬儀を営むような人までいました。しかし、葬儀に多額の費用をつぎ込むことに対して疑問を感じる人が多くなってきました。改めて考えてみれば、いくら立派な葬儀を行ってみたところで、亡くなった人はもう何も感じません。少し乱暴な言い方をすると、残された人の自己満足に過ぎないと考えることが可能です。現在、自分の葬儀には無駄な費用をかけたくないと考える人がかなり多くなってきており、遺言書を使って、家族葬や一日葬で済ませるようにとの指示を残しておく人が現れてくるようになりました。また、この傾向は、今後さらに強まるものと予想されています。

こじんまりとした葬式にしたい場合には

亡くなった本人やその遺族が、なるべく費用をかけないこじんまりとした葬儀を執り行いたいと希望していたとしても、葬儀の差配を依頼した業者がそのようなプランを取り扱っていない業者であった場合には、どうすることもできません。現実的なことを考えると、家族葬プランや一日葬プランを提供している業者は、ごく一部に限られています。大部分の業者は、昔ながらの形式のプランしか用意していませんので、頼んだとしても対応してもらうことができません。ですので、家族葬や一日葬を執り行いたいと希望している場合には、そのようなプランを用意している業者を利用する必要があります。ただし、人が亡くなった直後はバタバタしますので、はっきり言って悠長に業者選びをしている余裕などありません。ですから、家族全員が元気なうちに将来利用できそうな葬儀業者を探しておくようにするのが望ましいです。

お墓の引越しを行なうのであれば、こちらをチェックしてみましょう。良心的な価格で丁寧な作業を行なってくれますよ。

葬儀を執り行う際はコチラへどうぞ。お客様に合った最適なプランの提案もしてくれますよ。年中無休でご相談受付中です。

良い終わりのために

最近では終活といい、自分自身で葬儀をプロデュースすることが多くなってきています。終活をすることにより自分自身の最期を家族に考えさせることなく、天国に行くことが出来ます。

続きを読む