葬儀は亡くなった人のために~天国からのメッセージ~

musical instrument Purchase second-hand sale

葬儀の歴史

日本の葬儀の歴史を紐解く

日本の葬儀や埋葬の歴史を紐解くと縄文時代にさかのぼります。縄文時代には「屈葬」という埋葬法で死者が埋葬されていたことがわかっています。両足をお腹にかかえた状態の人骨が当時の遺跡から発見されていて、死者の魂を封じ込めるために体を折った状態で埋葬していたのではないかと言われています。 日本では歴史上、土葬が常識だった時期もあれば、火葬が流行った時期もあります。火葬は仏教が伝来したころに日本に伝わりました。しかし当時は天皇や貴族、僧侶等しか火葬することが許されていませんでした。 室町時代になると一般にも火葬が広まりました。しかし、まだ土葬の割合のほうが多く、今のように火葬が常識となったのは明治時代以降になってからのことです。

低コストで簡易的になってきている

仏式葬儀が常識的に行われていた時代が終わろうとしています。今は低価格かつ手間をかけずに簡易的に葬儀を行うのが一般的です。昔は葬儀をしなかったりあるいは火葬だけで済ませたりすると遺族は白い眼で見られたものですが、そうした価値観も崩壊しました。 また、今までは身内が死んだら葬儀会社の一方的な営業に乗っかるしかありませんでした。ほとんどの人が葬儀をした経験がないため、葬儀会社の言いなりになるしかなかったのです。 しかし、今はインターネットに葬儀会社の見積もりサイトや比較サイトなどがあり、多数の会社のサービスを比較できるようになりました。ネットが普及したおかげで、適正価格で葬儀ができる時代になっています。