葬儀は亡くなった人のために~天国からのメッセージ~

musical instrument Purchase second-hand sale

自然に還る葬儀

木々や花を墓碑とする新しい埋葬スタイル

近年は個性を重視する風潮から人生観や社会観の多様化が進んでいますが、その傾向はいのちの終わりの迎え方、つまり埋葬にも表れてきています。従来の先祖代々のお墓に入るのではなく、まったく違った埋葬の方法を生前に望む人も増加しています。 そうした新しい埋葬形式の1つに、樹木葬というのがあります。樹木葬とは墓石の代わりに樹木を墓碑として埋葬することをいいます。スタイルはさまざまで、埋葬とともに苗木を植えて育てていくもの、すでに生育している樹木を選んで墓碑に指定するもの、1本の樹木を墓所全体に埋葬された遺骨の象徴的な墓碑とするものなどがあります。現在ではいくつかの霊園や寺院が樹木葬用の墓所を保有し、利用を受け付けています。

自然との一体感が人気の理由

樹木葬は新しい埋葬形式の1つと先に述べましたが、実は仏式の弔いが一般化する以前にはごく一般的なものであったという説もあります。日本人には自然と人間社会とを区別しない独特な世界観を昔から持っており、亡くなった人の身体を野山に埋葬することは大きな意味での「自然との調和」という観念に叶うものであったと考えられています。 現代ではさすがに自然そのままの野山というわけにはいかず、区画整理された霊園等での埋葬となりますが、しかし木々の根元に眠ることで自然の大きなサイクルの一員となることへの安心感が得られるというのが樹木葬を望む人の主要な動機の1つとなっています。また見送る人々の側からも、樹木の成長を見ることで亡くなった人の面影をより身近に感じられるという声が聞かれます。